愚痴

0
    僕は本当は、

    「知らない町で初めてうんこをするときの快感」についてだったり

    「トイレのドアを勢いよく閉めると、一回ドアが跳ね返って'ドンドン'と鳴り、その直後に'チャッ'て鍵を閉めた時の音が'ドンドンチャッ'ってなるから、トイレのドアの開け閉めを利用してウィーウィルロックユーを演奏できるんじゃないか」とかを、

    公園とか川原で一日中酒を飲みながら考えていたい人間なのです

    そういう不毛な行動の「灰汁」の部分が、今皆様の目にしている僕の表現活動であって

    どうして人気が出たり忙しくなったりすると

    灰汁はすくいたがるのに、トイレのことを考える時間を無駄だという連中が増えるのか理解できません

    お人好しなので期待に応えようと、毎度毎度トイレのことを考えるのを止め表現に専念しますが、当然クオリティは下がりそのことで僕は苦しめられますし

    その結果が今の浮き沈みの激しい人生の原因と言っても過言ではないでしょう

    天ぷらを揚げずに天かすを量産させられる天ぷら職人の気持ちなワケです

    まあ、「自分で選んだんだからちゃんとやれよ」と言われればそれまでなんですが

    俺もたまには「面白いもん観たかったらうんこのこと考える時間くれよ!」と叫びたくなったりもするわけです

    ちょっとスランプなう


    あと、昨日小劇場にお芝居観に行ったんですが、折り込みチラシの多いこと

    毎日、千人ぐらいどこかでお芝居してるんじゃないでしょうか

    これをみて思うのは、ただただ

    客が少なすぎる

    身内で回してもしょうがないんだよ

    小劇場から成り上がってテレビタレントに成り果てた人たち、

    稼げるようになったら満足ですか?
    自分の団体の収支が黒字になれば満足ですか?

    どうして

    「色んな演劇をみてみたい」と思えるような顧客を育てる

    演劇界全体の購買層を広げようとしないのか

    演劇は、有名になるための手段でしかないのでしょうか?

    色んなことが頭の中でぐるぐるしていて、おさまらないのでブログに吐き出してみました


    たまには宣伝のない記事も書かないとね


     

    管理人からのコメント

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    黒田運送(株)支店化パーツ

    広告

    amazon

    selected entries

    archives

    recent comment

    recent trackback

    profile

    書いた記事数:363 最後に更新した日:2016/02/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM