霧の街の物語

0
    https://i.crunchers.jp/i/data/work/1382

    こんな感じで演技してます。
    来年も宜しくね!

    ゆうばり落選

    0
      来年のゆうばりファンタスティック映画祭に応募した初監督作品「ロング・ロング・ロング・ホリデイ/黒田勇樹殺人事件」が落選したことをご報告致します。

      悔しい!
      そして関わってくれた皆、すまん!

      と、いう気持ちと同時に「これはこの作品をもっと練り上げるチャンス」とも感じています。
      言い訳じみた言い草になりますが、撮影が終わったのが8月。
      ゆうばりの締切が10月。
      初めて触る機材で初めての編集。
      ただただ「初監督作品はゆうばりで!」という思いで駆け足に作り上げ応募しましたが力足らず落選。

      そりゃそうだ。

      1回目で自転車乗れたら奇跡だよね。

      脚本は凄い良かったし(自画自賛)演者の皆も凄く頑張ってくれて良い素材がいっぱい撮れています。
      今回の落選はひとえに僕の練習不足、力不足が原因。
      言い換えれば「まだまだ面白く出来る作品」ということ。

      転ばないと自転車乗れるようにはなりません。

      これから沢山膝小僧擦りむいて、お尻にあおたん作りながら「あん時落とさなきゃよかったな」と言われるような作品に出来るよう努力致します。

      関係各位、なりふり構わなくなった僕にまた我が儘言われる覚悟をしておいて下さい。

      黒田勇樹

      あすたはつばい

      0
        6年ぶりに出演する舞台のチケットが明日発売になるよ

        座席指定したい人はここから
        ■PC用予約フォーム■

        http://www.confetti-web.com/ticket/ticket.aspx?tid=119831
        ■携帯用予約フォーム■
        http://cnfti.com/met8081

        座席指定なくてもいい人はここから
        ■PC用予約フォーム■

        https://ticket.corich.jp/apply/50856/103/
        ■携帯用予約フォーム■
        http://ticket.corich.jp/apply/50856/103/

        見に来てね!

        黒田勇樹さん、6年ぶりに舞台に立ち演技をすることが決定

        0
          もう、タイトルそのまんま

          年明け舞台に立ちます

          「ちょろっと黒田勇樹役で出る」とかじゃありません

          しっかり役もらってしまいました

          最後に立った舞台トーチソングトリロジーから6年ぶり

          ビューティクイーンオブリナーンを降板した時から「もう二度と舞台には立てない」と思っていたのに

          俳優を引退してから3年

          ついにこの時が来てしまいました

          自分の感覚としてはこれで「俳優復帰だ!」という感じではないのですが

          流れに身を任せて生きている僕としては、やっぱりきちんとここに流れ着いたというか

          逃れられないというか

          最近演技を教えたり映画を撮ったり人が演技しているのを見る機会が多くてウズウズしてリーディング公演とかやっちゃってたワケだし

          もう「フリーター」なんだから何をしてもいいじゃないかと破れかぶれというか

          ええい!ややこしい!

          嬉しいんだよ!演技をする機会をもらえて嬉しいんだよ!

          それだけだバカヤロー!

          詳細は下に!

          あと、お友達が作ったサイトに3時間ぐらいで書いた短編小説を投稿してみたよ!
          https://i.crunchers.jp/i/data/user/433

          これからもきっと息抜きにたまに書くよ!
          じゃあね!

          空っぽおじさん

          0
            メルマガで報告したのですっかり報告を終えた気になってたのですが、購読者以外の方にはなんも説明してなかったなと思い改めてご報告させて頂きますが

            以前から告知していた10月末から監督として参加する予定だった映画が1本なくなりました

            それなりに予算も環境もしっかりした現場だったので自分の中では前回ワークショップメンバーと作った自主映画的なものとはまた違った経験ができると思いかなり楽しみにしていたのですが

            撮影直前に大人の事情でAUTO

            監督を辞退するしかない状況に陥りました

            まあ、詳しい事情は言えませんがほとんど俺のせいなのでそのこと自体は仕方ないのですが

            今期のワークショップメンバーで撮る作品の脚本をその10月の現場に入る前に書き上げようと準備していた矢先に上記の事件が起こったので、結構ショックが大きかったというか

            ガッツリスケジュール空けてたので暇だし仕事ないしお金無いしモヤモヤするし

            その他もろもろ悪いことが重なり倒して

            「とてもじゃないけど台本なんか書ける精神状態じゃねぇ」

            となってしまいました

            「日本一面白い台本を書く」とか宣言して自分を奮い立たせてみるも効果なし

            飲むだけ飲んで、吐き出すだけ吐き出して

            空っぽになって彼女に泣きついて「面白い映画が作りたいよぅ」と言ってみたところ

            「勇樹が一番観たいと思うものを作ればいいと思うよ」的なことを言われたので

            空っぽの自分に「お前は今どんな映画が観たいんだよ」と問いかけてみたところ

            深い深い、暗い暗い土の中からゆっくりとモゾモゾと答えが出てきました

            「ロング・ロング・ロング・ホリデイ/黒田勇樹殺人事件」に続く僕の次回作は

            「恐怖セミ男」です

            思いついた瞬間から笑いが止まりませんでした

            出来ることなら脚本も監督も作業吹っ飛ばして今すぐ観たいと思うほど笑いました

            ホラーです

            ミュージカルです

            ハートフルストーリーです

            SFです

            こうなったら好きなもんとことん詰め込んでやる

            調理するのも俺なんだから任せとけ

            そんな気分です

            「日本一面白い台本」改め「日本一下らない台本」

            「恐怖セミ男」

            ご期待下さい!!!!!


            「ロング・ロング・ロング・ホリデイ/黒田勇樹殺人事件」については→https://www.facebook.com/kurodayuukisatsujinnjiken

            105円なのにとっても面白いメルマガは→http://www.mag2.com/m/0001367290.html
             

            八つ当たりに近い問題定義

            0
              最近話題の「ほこ×たて」やらせ騒動

              ずーっと気になってたけど誰も言わないし昨日から機嫌が悪いので書きます

              猿とラジコンを釣糸でつないで猿にラジコンを追いかけさせたっていうけど

              釣糸はどうしてそこにあったの?

              「猿に釣糸をつなぐ」なんてこと誰が思いついたの?

              ラジコンの人の告発を見る限り猿がラジコンを追いかけなかったのはハプニング的な状況だったようで

              猿に詳しくない人間が咄嗟に「ここに釣糸があるから猿とラジコンをつなぎましょう!」とか思いつくだろうか

              そう

              これはあくまで僕の個人的な推測ですが

              「猿側がこういう事態を想定して釣糸を用意し番組側に提案したのではないか」ということ

              こう考えた方がすっきりしません?

              100歩譲って番組制作側が釣糸用意しててつなげましょうって提案したとして

              猿の飼育者は確実にあの場にいてその提案を「許可」or「黙認」してますよね?

              テレビが動物虐待を放送したことは大問題だけど

              「そんなヤツが猿飼ってる」ことも大問題だと思います

              そろそろここも問題にして欲しい

              そしてハッキリ言えば

              結局の所

              物言えぬ猿に釣糸をつけることを止めなかった

              告発した人含めあの場にいた全員がクソ

              ということ

              簡単だろうが!

              力ずくでも止めりゃよかっただろうが

              「テレビだから仕方ない」とでも思ったんでしょうか

              見て見ぬふりなんて「いじめに参加してない」のと一緒

              まあ、最近テレビのそういう部分と戦い過ぎておまんま食いあげてるのが僕なのですが

              なんていうのかな

              ドキュメンタリーとか実験系のバラエティは

              「やってみたけど面白くありませんでした」で放送していいんじゃないかな

              その方が見てる方は面白いです

              カラスに罪はない

              0
                初監督作品「ロング・ロング・ロング・ホリデイ/黒田勇樹殺人事件」 https://m.facebook.com/kurodayuukisatsujinnjiken 本日ゆうばりファンタにエントリーしました

                そんなわけで久し振りに観てみたらなかなか面白かったので気分よく散歩に出掛けたのですが、

                家の前を「お前それ物理法則無視してるだろ」という大きさのナニカをくわえたカラスがゆっくり飛んでいたので後をつけてみたところ、

                案の定限界がきたらしく道の真ん中でダウン

                くわえてたのはなんと車にでも跳ねられたのか頭もげて内臓飛び散った鳩

                持ち帰ることを諦めたカラスはその場で内臓つつき始めました

                運の悪いことにその道は通学路で時間帯も下校時間

                「あんま子供に見せたい光景じゃないな」と思いつつ

                追い払うのは追い払うのでカラスはなんも悪いことしてないので違うなあ、と思い

                子供たちから鳩が死角になるあたりにしばらく仁王立ちしてました

                金麦片手に通学路で仁王立ちするおじさん(よくみると足元には死体)完成です

                変な目で見られながらも「まあ、こっち見てくれてる方がマシ」と変な顔で応戦しつつ

                カラスが満足して立ち去るのを待ち

                触るの嫌だったので片手で(金麦持ってたから)ゴメンと拝み鳩の死体を街路樹の根元まで蹴飛ばし

                葉っぱをかけて隠しました


                今日も僕は、40%ぐらいですがなんとなく自分の正義を守りながら世間に変な目で見られつつ生きています

                劇団八幡山ほしがりシスターズについて

                0

                  久々にブログ開いたらコメ欄で劇団について謎の論争が起こっていたので僕からも少し補足を

                  色々なご意見あるようですが(内情までは詳しく説明いたしませんが)あの時点では

                  僕が「辞める」と言わなければ劇団自体が解散しかねない事態でした

                  (ショック療法的ではありましたがそういう選択をしないと話し合いの場すら持たれず自然解散してしまうおそれがあったからです)

                  んで、その後話し合いがもたれ劇団は存続、僕も顧問として復帰するということに


                  今回の問題(主に松永が劇団内で言えばいいことをtwitter等SNSで公に発言したこと)についてはまだ完全に解決しているとは思っていません

                  が、しかし!

                  八幡山ほしがりシスターズは俺含め足りない人たちが足りないところを持ち寄ってそれでも面白いことできんぞ、という集団、劇団だと思っています

                  つーか、そうなればいいなと思っています

                  すこーしずつすこーしずつ皆で成長して寄り添って劇団になっていけばいいんじゃないかなあ


                  ま、なんにせよ今は、というかそもそも仲違いは一度もしてないのですが皆で仲良く馬鹿やってます

                  きっと11月には恥をかき捨てて大気圏の彼方までブン投げるような公演をすることでしょう

                  ぼんやりとやんわりとそして生暖かくどうか見守っていて下さい

                  八幡山ほしがりシスターズ顧問 黒田勇樹
                  https://www.facebook.com/hoshigari


                  あ、「公の場で発言したことを責めるのになぜ自分も公の場で言ったんですか」みたいな頭悪いツッコミに対して先に説明しておくと「ソーシャル」はそういうもんなんです

                  なんていうんすかね、一度ひとめに触れるとこで燃えちゃったものはひとめに触れるとこで消さなきゃいけない

                  そんな感じです


                  うんこについて

                  0

                    みなさーん!うんこしてますかー?

                    ちょうへいそくって病気になると口からうんこが出ちゃうそうですよ!

                    ちょうへいそくってチョウ・ヘイソクって書くとなんか三国志とかに出てくる中国の武将みたいな雰囲気になるよね!

                    でも口からうんこ出しながら戦う武将だと三国志より西遊記とか封神演義に出てくる感じになるよね!

                    健康には気をつけよう!

                    ぼくはきょうもげんきです!!!



                    せんでん

                    えいがとってるよー https://www.facebook.com/kurodayuukisatsujinnjiken

                    にーさんの日に番組とイベントやってるよー http://cafe.yuukikuroda.com/

                    じんせいそうだんしてるよー http://happyhotel.jp/hyper/pc_index.jsp

                    えんぎおしえてるよー http://www3.hp-ez.com/hp/freeact/page1

                    赤ペンせんせいとイベントやるよー http://www.loft-prj.co.jp/schedule/naked/17923

                    メルマガも2つやってるよー http://www.mag2.com/m/0001367290.html http://www.mag2.com/m/0001455170.html

                    はたらいてるんだよ!!!


                    はあ、テレビもねっ!ラジオもねっ!

                    0
                      お金も才能も財産も何もありません

                      それなのに僕の仲間たちは「黒田に映画を撮らせる!」と日々走り回ってくれています

                      出演者の皆も交通費自腹で朝早くから夜遅くまで本当に頑張ってくれました

                      もう俺、面白いもん作るしかないじゃないか!!!

                      初監督映画「黒田勇樹殺人事件」がクランクアップ(撮影終了)!
                      https://www.facebook.com/kurodayuukisatsujinnjiken

                      これから編集やら配給やらまだまだ大変な作業が残ってるのですが

                      おじさん頑張っちゃうぜ


                      死体役をやりながら監督をするおじさん


                       

                      管理人からのコメント

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2020 >>

                      黒田運送(株)支店化パーツ

                      広告

                      amazon

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      profile

                      書いた記事数:363 最後に更新した日:2016/02/24

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM